ドライバー向け教育

交通事故を未然に防ぐには、定期的な教育が必要です

 従業員の交通事故は、経済的損失だけでなく企業のイメージダウン、さらには企業の社会的責任にまで及び交通事故に伴う自動車使用者や管理者の責任も大きく問われます。
 定期的な交通安全教育により、自己の運転を知り、技量未熟な方や誤った運転方法をしている方には、的確な指導・是正を行い企業ドライバーとしてふさわしい運転を身につけて頂きます。
 また、教育により個々の安全意識が高まることにより事故が減少し保険料の削減、さらには丁寧な運転になることで車両寿命や燃費が良くなり車両の維持管理費が軽減されることも期待できます。