本文へ移動

自転車シミュレータ

 実際の交通状況を再現し、街中での自転車の運転を模擬的に体験できます。自転車を運転する際に起こりうる「危険を安全に体験する」ことで危険予測能力や安全意識の向上をはかります。体験後の解説等により、交通ルールとマナーをわかりやすく学ぶことができます。

 体験者の走行映像をプロジェクターで投影できるので、比較的狭い場所でも多人数での講習が可能です。

 

詳しくはこちら(外部リンク)

自転車シミュレータの活用方法

 自転車シミュレータは、親子での学習から安全講習まで幅広く活用できます!

 

親子で楽しみながら学べる教材として!
 子供を自転車シミュレータに乗せ、体験中の様子をしっかりと(親に)見てもらいます。体験後、「上手に出来たところをほめる」「出来なかったところを安全アドバイス」をしてもらいます。イベントなどでご活用していただけます。

 

安全教室や安全教育の教材として!
 体験者の走行映像をプロジェクターで投影(再生)し、コーチング手法を活用して話し合いを進めることで、多人数での研修が可能です。危険を安全に体験してもらい安全に対する意識の向上を図ります。

 コーチング手法を活用して、受講者同士の話し合いで「気づき」を促すように進めますので、ひとりひとりの参加の意識が高まります。

大原自動車学校
〒507-0077
岐阜県多治見市幸町7丁目29-1
TEL:0572-27-2356
FAX:0572-27-2967

8
7
9
4
9
7
TOPへ戻る